MENU

スマホ電子コミックと書店

出版社の多くが自社サイトで電子コミックの販売をするようになりました。
紙のコミックと同時に電子コミックが販売される場合もありますし、一定期間を置いてから電子コミックが販売されることの方が多いようです。
スマホで読むことができるため、電車の中などで多くの人が電子コミックを読んでいます。
これだけ電子書籍が普及すると、一般の書店の売り上げは極端に落ちているのでしょうか。
実はそうでもありません。
電子コミックと比較して、スマホを利用しない子ども向けの本や雑誌などは、現代でも書店だけで販売されているからです。
また、その他の雑誌類も。販売されています。
それらはこれまでと変わらない状況のように見えます。
ただ、これからの時代はスマホを中心とした販売になることは明らか。
それがいつになるかと言うことだけです。
街中の書店がだんだんと姿を消す状況は避けたいものです。
書店はその町の文化の担い手だしです。
書店を経営している人がどこまで考えているかわかりない。スマホの電子コミックの影響がないはずはないのです。
それをどのように回避して、安定した経営を行うかが重要となっています。
若者の活字離れが一時期問題となっていましたが、以前と比較するとスマホの登場で書籍を読む人が増えていることは間違いございません。
これは悪いことではありません。
技術の進歩により電子コミックが当たり前の時代となったのです。
これが逆戻りすることはありません。
スマホを利用して、一体どうなっているのか営業ができるかを考えていく必要があります。

このページの先頭へ